夫婦の間に子供がいない場合の遺言・相続

夫婦間に子供が無く夫の両親も亡くなっている場合で夫が亡くなると、法定相続分では妻が4分の3、亡夫の兄弟が4分の1を相続することになります。

妻がすべての財産を相続するには遺産分割協議を作成し、妻と亡夫の兄弟である相続人全員の実印を押してもらい、印鑑証明書を付けなければいけません。

遺産が3000万円の自宅と1000万円の預貯金があった場合、法定相続で自宅は妻が相続し、預貯金を兄弟が相続するような単純な分け方ができるでしょうか?

妻とすれば、老後のための資金としたかった預貯金を兄弟に渡したり、自宅を売却しなければならないようなことは考えてないことが多いでしょう。

もちろん、兄弟が妻に全ての財産を相続させることに同意すれば問題ありませんが、兄弟にしてみれば「貰える権利があるならば貰いたい。」「ずっと疎遠だったのに、こういう状況の時だけハンコを貰いにくるのか?」と言ったことになりかねません。

スムーズに相続できそうな、このケースでも背後にはこのような問題があります。

遺言のポイント

夫が全財産を妻に相続させる内容の遺言を遺しておけば、無駄な争いは回避することができ、妻がスムーズに遺産を相続できるのです。

解決事例の最新記事

相続・遺言初回無料相談受付中 075-393-1550

当事務所の解決事例・お知らせ

PAGE TOP